[WordPress プラグイン 開発]➀プラグイン開発の道しるべ

WordPress

拙い記事ですがご覧くださり、ありがとうございます。

色々突っ込みどころ満載だと思われますが、基本的に本人の技術ログなのでなんとなくわかっている部分は説明していないこともあるのでご了承くださいませ。

そもそもきっかけは?

日頃からWordPresssを使っているのですが、開発したいプラグインがあるというのが、そもそものきっかけです。

そして折角なので、学んだことを技術ログとして残せば後で役にたつかなと思ったわけです。

プラグインなんていっぱいあるではないか、とも思ったのですが意外に目的のものが無かったり、あったとしても有料だったりするので「もう自分で作ってしまえ」精神です。

*プラグインの使い方をいちいち学ぶのが面倒くさいというのもあります。

・・・そんな感じです、すいません。

では、まず方針を決めます。

ある程度の方針は立てないといけないと思いますので・・・。

・理解できなかった部分はとりあえず後回しで先に進む、そのうちわかるだろう精神です。

ざっくり、こんなところです。

あまり決めすぎると飽きてくる性格なので・・・。

おまけ:開発環境うんぬん。

参考のために、一応書いておきます。

開発環境

・MacBook Pro Mid 2012(なかなか頑張ってくれてます)

・WordPress 5.2

・Visual Studio Code

・ローカル環境 Local by Flywheel

これを使うとWordPressのローカル開発環境が簡単に構築できる。

好みかもですが、MANP等よりも簡単便利で最近のお気に入りです。

*これについてはまたの機会に説明するかも・・・「Local by Flywheel 使い方」などで検索してみてください、ググれば情報は多いので。

記事書きました。

WordPress Plugin Boilerplate

プラグインを開発するにあたっての雛形です。

おきまりのコードはできるだけ書きたくないので、これを使いこなせれば楽になれるかも?。

開発方法

いたってシンプルで、WordPress Plugin Boilerplateでプラグインのベースを作り、それをWordPressにインストールして開発していきます。

簡単ですが、以上のような流れで行こうと思います。

では、次回またお会いしましょう。

タイトルとURLをコピーしました